お茶の三香園
HOME 会社情報 特定商取引における表記 プライバシーポリシー
日本人に戻る瞬間・・・ お茶の三香園
お茶へのこだわり
包装・発送・お支払い方法
リンク集
おいしいお茶の淹れ方製茶による違い急須の特徴茶のブランド化お茶の品種
茶のブランド化
各地でお茶の振興のために、主に茶の産地に限定しブランド化が行なわれています。
各産地により茶の木の生育条件、製茶技術に違いがあるため、味、水色、
香りに違いのあるお茶が楽しめます。ブランド茶の条件を少し紹介いたします。
静岡 静岡茶:
日本で最も多くお茶を生産しているため、静岡といえばお茶という印象が強い。記載基準は厳しく静岡県産の茶葉が100%でなくてはなりません。色の静岡と称されます。
静岡県では茶の生産量が多いため、地域別にブランドとして区分されています。下記にその一部をご紹介いたします。
本山茶: 静岡市葵区藁科地区で栽培された茶のこと。徳川家でご用達されていました。
掛川茶: 掛川市内で収穫された茶葉を50%以上使用し、残りは掛川市との市境周辺で収穫された茶葉を使用したものです。
埼玉 狭山茶:
埼玉県内産及び埼玉県に隣接する東京都内の荒茶100%を使用したもの。味の狭山と称されています。
三重 伊勢茶:
三重県で栽培、加工された茶。古くは宇治茶として多く活用されており収穫量は全国3位です。
京都 宇治茶:
京都・三重・滋賀・奈良 1府3県の茶葉を京都府内で仕上げたもの。香りの宇治と称されています。
福岡 八女茶:
福岡県八女市筑後市及び八女郡内各町村で生産された茶。玉露の生産が盛んで、品評会では上位を独占するほど有名です。
鹿児島 知覧茶:
鹿児島県南九州市知覧町にて栽培されている茶。桜島の火山灰でお茶に適した土壌を持つため、茶生産に力が入っています。
(C)Copyright 2008 SANKOUEN Corporation All Rights Reserved.